応研ショップ-大臣NXクラウド

プライベートクラウドならではの高速・安全・快適性

 03-4405-9288

110-0005 東京都台東区上野3-16-3 上野鈴木ビル6F
応研パートナー 株式会社ハイブリッチ

建設業向け


建設業向け向け会計システム 建設大臣NX

建設会計を徹底的に効率化

『建設大臣NX』は、振替伝票を入力するだけで、工事台帳、工事一覧表などの工事関連帳票や、元帳、試算表等の経理帳票を自動作成します。
『建設大臣NX』シリーズは、これからの建設業界の会計システムに新しい時代を築きます。



 
建設大臣NXの特長

建設業特有の処理機能と、豊富な帳票
通常の財務管理に加え、出面管理や共通費の自動配賦、経営事項審査や工事進行基準への対応、進捗管理など、納得の機能が満載です。また、豊富な分析や帳票出力も備え、日々の経営管理を強力にサポートします。

使いやすい! わかりやすい!
振替伝票そのままの、実務に即した効率的な入力画面。直感的に操作できるため初心者には親しみやすく、熟練者には高速・快適な操作性を提供するデザインを両立しました。

伝票入力と同時に財務諸表が完成!
入力と同時にすべての財務諸表が完成しています。後は必要な資料をメニューから選ぶだけで帳票画面を表示。もちろんすべての資料がプリンター出力可能。期間の指定はフリーで、1日~1年間まで設定でき、科目や事業条件などを自由に設定することでオリジナルの財務諸表が出力できます。

支払・手形・掛管理可能な統合型ソフト
支払先・得意先別の管理、手形の管理、売掛・買掛管理もこれ一本。面倒な期日管理をサポートする機能が満載です。自動予約機能を搭載し、綿密な資金繰計画が行えます。


 
機能の紹介 各サムネイル画像クリックで拡大表示します。

    
工事台帳
伝票入力時に「現場」を入力することで、現場ごとの台帳が自動生成されます。工事台帳は、明細形式のA形式と、印刷用紙同様のB形式から選択できます。
修正や確認時は工事台帳から伝票入力画面へダイレクトジャンプし、スピーディに作業を行えます。
また、自由設計台帳を用いてオリジナルの管理帳票を作成可能で、工事別の工事原価、入金額などの明細出力が行えます。


 
完成自動振替
経理方式が[未成工事支出金より]の場合、完成工事高の計上とともに、未成工事支出金を工事原価科目に振り替える処理が必要となります。この完成振替伝票を自動で作成します。複数の現場の一括完成振替も可能で、さらにスピーディーな処理を実現します。

済みチェック機能:完成自動振替後の追加工事などで未成工事支出金による仕訳が発生した場合や、完成工事の仕訳が全て原価科目に振り替えられているかどうかをチェックし、事務作業のミスを防止します。



 
現場登録/業者登録
現場名、施工場所、発注者、発注額など工事現場の情報を登録します。個別/表形式の2種類から入力画面を選択でき、不要な項目はカーソルをスキップし、スピーディな入力を行えます。
業者登録では、業者名、住所、電話番号、支払締日、支払予定日など業者の情報を登録できます。


 
発注・支払処理
発注から支払までの細かな業務をスムーズにサポートします。発注書の印刷もカンタンです。

発注登録・発注書印刷:入力した内容をそのまま3枚1セット(発注書・発注書控・発注請書)の発注書に印刷可能。印刷内容の変更も行えます。

出来高査定:毎月の請求額の査定を行います。未払勘定の自動仕訳を行い、伝票へ起票できます。現場別・業者別の切り替えも可能です。

支払決定書:業者に対する工事未払金支払の内訳を決定します。支払内訳を元に支払仕訳の予約が可能です。

銀行振込依頼書:決定した支払のうち、振込に該当する支払において、銀行振込処理機能を使用できます。



 
工事原価帳票
工事関連の帳票も豊富にご用意。日々の管理業務をしっかりサポートします。

一覧表帳票:工事ごとの収支一覧を表示します。部門、現場監督、発注者、現場分類別に確認できます。

現場別帳票:現場別に工事原価を試算表形式で、または工種別に予算を月次で確認できます。

自由設計帳票:出力したい項目やマスターを自由に選択し、用途に応じて金額を確認できます。

入金帳票:入金額を台帳形式または一覧表形式で確認できます。

支払帳票:出来高や支払額を業者や工種ごとに確認できます。業者別や業者/工種別での出力も可能です。

その他:工事原価集計表、工種別月次集計表、進捗一覧表など、さらに豊富な帳票が揃っています。



 
出来高管理
指定された現場の予算・発注をもとに予算残高・見込利益や進行状況を確認できる帳票です。現場で今後予想される追加発注額を直接入力することも可能です。予算額と発注額、入力した追加発注額をもとに、その現場の最終的な予算残と利益見込をリアルタイムで確認できます。


 
原価予算管理
現場ごとの予算実績の対比を出力します。現場別/工種別/業者別/科目別の予算管理が可能です。ここで工事情報の参照も行えます。


 
出面管理
1カ月の作業日報と給与額を入力することで、現場ごとの労務費を算出します。金額は月額の振り分けと単価(最大10種類)の積み上げに対応し、算出した結果はそのまま振替伝票データとして自動仕訳が行えます。社員名の代わりに機械などの名称を登録して、機械の損料計算に応用することも可能です。

日報の工種対応:日報で工種の入力が可能です。これにより、人件費を現場別・工種別に振り替えできます。また、振り替えられた人件費は各種管理帳票に工種別で集計されるため、より徹底した原価管理を行えます。

出面体系:各社員に出面体系(グループ)を設定することで、人件費をグループごとの科目で振り替え可能です。

給与大臣NXとの連携:『建設大臣NX』で登録した出面日報を転送し、『給与大臣NX』で算出した総支給額や会社負担保険料などの仕訳を受け入れできます。



 
自動配賦処理
間接費(共通経費)を集計し、配賦基準に応じて各現場に配賦できます。
配賦基準は契約金額/材料費/労務費/外注費/機械経費/経費/経費計/原価計/材料費+労務費の9種類から選択します。
さらに仕訳伝票を自動で起票、カンタンに配賦処理を行えるほか、スマートな一括配賦も可能です。


 
経営事項審査
振替伝票から自動集計されたデータをもとに経営事項審査試算表や工事経歴書を出力する、経営戦略に欠かせない機能です。自社の最新情報がいつでも、カンタンに参照できます。
また、公共工事の入札には欠かせない経営事項審査のシミュレート機能を搭載。評点の試算だけでなく、完成工事高や職員数などの変更に伴う総合評価の予測が行えます。

激変緩和選択一覧表:激変緩和措置に選択した基準の組み合わせ(4通り)によって、総合評点P、X1評点、X2評点、Z評点の値がどのように変化するかを即座に把握できます。

工事経歴書:完成工事の出力割合・未成工事の出力件数を自由に設定できます。